ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

わきが体質はお酒が好き?

過度なアルコール摂取がワキガ体質の直接な原因ではありませんが、アルコールは汗腺の働きを活性化し、アポクリン汗やエクリン汗の分泌を促進する作用があります。
このため、ワキガの人の場合は、よりニオイが強くなってしまうのです。
アルコールは高カロリーですので、体に熱を作り、同時に体温が上昇しますから汗が出やすくなります。

 

アルコールを飲むと「アセトアルデヒド」という物質が体内で作られます。
二日酔いのときに汗が出やすくなるのは、二日酔いの原因となっているアセトアルデヒドが体温調節中枢に直接働き、発汗中枢を刺激するからです。

 

アセトアルデヒドは血液を通して肺や皮膚から排出されますが、この時いわゆる「お酒臭い」ニオイが発生します。
それが口臭や体臭となりますので、ワキガの人がお酒を飲みすぎると、ワキガのニオイが強くなるだけでなく、さらにお酒臭くなりなりますので注意が必要です。

 

お酒にも、強い人と弱い人がいますよね。
この差は、お酒を飲む → アセトアルデヒドが作られる → 酢酸に至って体外に排泄される、という解毒過程の代謝が速いか遅いかの違いです。
アルコールに弱い人の中には、体内に残るアルコール量が多くなって、アセトアルデヒドの作用が強くなると、発汗量も多くなることがあります。
そのような人は、発汗量が代謝のバロメーターともなりますので、お酒は控え目にしたほうがよいでしょう。

 

毎日のように過度にお酒を飲む人で、大量に汗をかく人は、脳神経回路が破壊されて、自律神経系が狂ってしまっている可能性があります。
脳は普通、脳関門というフィルターで毒物が入ってこないようになっているのですが、アルコールは、例外的に脳関門を通り、直接的に脳に作用します。

 

毎日飲酒していると脳がアルコール漬けになるので、自律神経調節が狂い、「多汗」となっている可能性があるのです。
どちらにしても、習慣的なアルコール接取は体が悲鳴を上げていても不思議ではありません。

 

肝臓疾患などの慢性病よりも、脳卒中や心筋梗塞など、急に倒れる病気の可能性があるので、注意が必要だと思います。
身に覚えがある方は、試しに2週間くらいお酒を抜いてみてください。
普通なら体温が下がり、それほど汗をかかなくなりますよ。

 

お酒も上手に付き合えば、ストレスの発散や血の循環が良くなるなどの効果もあります。
お酒の飲み過ぎは、ワキガを強め、酒臭さを助長するので注意しましょう。
なんでもほどほどというのが重要ですね。

わきが体質はお酒が好き?関連エントリー