ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

多汗症対策 清潔にする

多汗症対策として、汗をこまめに拭いたり、制汗剤を使用したりすることはエチケットですよということを、「多汗症対策 エチケット」で書きました。

 

今回の「多汗症対策 清潔にする」ということも同じような意味を持ち、根本的な多汗症対策にはならないかもしれませんが、多汗症は治療を始めたとしてもたちまち改善されたということは少ないので、その間は継続した汗への対処法が必要です。

 

多汗症の人がかく汗は、ワキガ臭の原因となるアポクリン汗腺の汗ではなく、ほとんど水分であるエクリン汗腺からの汗ですから、汗が出てもこまめにタオルなどで拭き取れば、汗臭いニオイは最小限に抑えられます。

 

しかし、汗を拭き取らず清潔にしていないと、汗に細菌か混ざって臭いを発生させてしまうことになるので、注意したいですね。

 

多汗症を清潔にするといっても難しいことはなく、普通にできる範囲で構いません。
汗をかいた時には、シャワーを浴びることができれば一番いいのですが、汗をかくたびにシャワーなんて、家を出ていれば現実問題無理でしょうから、汗をハンカチや市販の汗ふきシートで拭取りましょう。

 

次に、多汗症の方が気をつけたいのが洋服や肌着などの衣類ですね。
これらも汗がべっとりと付いているようであれば着替えたいところです。

 

しかしこれもシャワーと同じように、外出中に着替えることは難しいでしょうから、こまめにタオルで汗を拭きつつ、汗をかいても目立たないものを身に付けるようにした方が良いでしょう。

 

特に真夏に外出して、ダーク系統のTシャツ1枚では、ワキのしたなどすぐに汗をかいていることが判ります。

 

こんな時は薄いシャツを下に重ね着しておくと、汗は若干目立たなくなりますし、ワキに汗をかきやすい方は脇パッドという手もありますから自分で工夫してみましょう。

 

多汗症は精神的発汗によるものがほとんどですから、汗をかいたことを恥ずかしく思うとさらに汗が出てしまいます。

 

少しくらい汗が出ても目立たないような工夫をして置くことが、気分的に楽になれますから、汗が出る回数も少なくなると思います。

 

そして、清潔にすることを怠たつている人に比べれば、多汗症を解消できるのも早いと思います。

多汗症対策 清潔にする関連エントリー